/

プーチン大統領、支持率8割超に 侵攻前より上昇

ロシアの独立系調査機関レバダセンターが3月に実施した調査で、プーチン大統領の支持率が83%と4年ぶりの高い水準になった。「支持しない」と答えた15%を大きく上回り、ロシア軍のウクライナ侵攻後も支持率の上昇が続いている。

プーチン氏の支持率は2月時点の調査では71%で、前回調査よりも12ポイント上昇した。2018年4月(82%)以来の80%超えとなった。支持率は21年11月は63%だったが、2月にかけて上昇基調が続いていた。

ロシア政府は米ツイッターなどのロシア国内からの接続を遮断しており、国営メディアを情報源としているロシア国民も多い。こうした情報統制が支持率にも影響した可能性がある。

ウクライナでのロシア軍の行動について、「支持する」と「どちらかと言えば支持する」の合計は81%だった。高齢者の方が支持率が高い傾向が出ているという。

調査は3月24~30日にロシア国内の18歳以上の約1600人を対象に対面方式で実施した。

レバダセンターは独自の調査活動に取り組むなど、情報の信頼性が比較的高いとみられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン