/

この記事は会員限定です

アルケゴスなどファミリーオフィス 超富裕層が自前運用

[有料会員限定]

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントが運用失敗で保有株の強制売却を迫られ、取引先の金融機関に巨額の損失が降りかかった。同社は創業者ビル・ホワン氏の個人資産を管理するための会社。超富裕層のマネーを自前運用するアルケゴスのような「ファミリーオフィス」の成り立ちや変容をたどると、金融規制の抜け道が垣間見えてくる。

ファミリーオフィスは資産家一族の資産管理を担う運用会社。資産運用のほか税務や法務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン