/

インド、2070年に排出ゼロ COP26で表明

【グラスゴー(英北部)=竹内康雄】インドのモディ首相は1日、英グラスゴーで開かれている第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で演説し、2070年までに温暖化ガス排出の実質ゼロをめざすと表明した。インドが排出ゼロ目標を示すのは初めて。

主要排出国では、多くの国が排出ゼロ目標を表明済みで、インドがCOP26でどんな対応を示すかが注目されていた。

長期で排出を実質ゼロにする目標を巡っては、日米欧など先進国が50年までと期限をおいているほか、中国やロシア、サウジアラビアといった新興国は60年に設定している。インドはさらに10年遅い70年にした。

中ロなどの新興国よりも経済成長が遅れている実態を考慮した。モディ首相はインドの人口は世界の17%を占める一方、排出量は5%にすぎないと説明した上で、経済成長にも力を入れると説明した。

このほか、モディ首相は30年までの目標も明らかにした。再生可能エネルギーなど非化石燃料による発電容量を500ギガワットにするほか、エネルギー需要の50%を再生エネでまかなう方針を示した。

カーボンゼロ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

COP26

11月に「第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議」(COP27)がエジプトで開催されます。どのような議題で議論がなされ、どういう合意がなされるかが注目されます。最新のニュースと解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません