/

この記事は会員限定です

マクロン氏 年金・失業保険改革停滞 有権者の反発恐れ

22年春に大統領選、ルペン氏と支持率拮抗

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領の改革が停滞している。2022年春に大統領選を控え、有権者の反発を恐れるマクロン氏は、痛みの伴う年金と失業保険の二大改革を棚上げしたままだ。極右国民連合のルペン党首はマクロン氏と並ぶ支持を集めており、新型コロナウイルスのワクチン接種や治安対策で有権者の支持を広げる必要に迫られている。

マクロン氏は20年3月にコロナ禍対応のため全ての改革を中断すると発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン