/

この記事は会員限定です

ウィーン、元砲台の水族館 戦争遺産を改築

[有料会員限定]

ウィーンの街を歩いて、ずっと気になっていた場所がある。いつも多くの買い物客でにぎわうショッピングストリートのすぐ近くで、威圧感のあるコンクリート造りの巨大な建物。実はこれ、外見からは想像もつかないが、水族館だ。

名前は「ハウス・デス・メーレス」で、ドイツ語で意味は海の家。もともとは第2次世界大戦中にナチス・ドイツが建設した砲塔で、撤去が難しく放置されてきた。過剰なほどの強固な構造に着目し、重い水槽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン