/

ワクチン未接種の60歳以上は旅行延期を WHO

【パリ=白石透冴】世界保健機関(WHO)は30日、新型コロナウイルスの新しい変異型「オミクロン型」の感染拡大を受け、ワクチン接種をしていない60歳以上の人などは市中感染が起きている地域への旅行を延期すべきだと発表した。変異型は感染力が高い可能性があり、アフリカ、欧州など各地で見つかっている。

ワクチン接種をしておらず、肥満、がん、糖尿病などのような病気を持っている人にも同じ勧告を出した。広範な渡航制限については「国際的な感染を防ぐことはできず、生活に重大な支障をもたらす」として否定的な見解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン