/

Windows11、10月5日から一般提供 無償更新可能に

10月5日から「Windows11」への更新が可能になる

【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトは8月31日、パソコンやタブレット端末向けの新基本ソフト(OS)「Windows11(ウィンドウズ11)」の一般向け提供を10月5日に始めると発表した。CPU(中央演算処理装置)の性能など一定条件を満たせば、現行OSを搭載する端末の利用者は無料で更新できるようになる。

ウィンドウズの大幅刷新は約6年ぶりとなる。マイクロソフトは6月に新OSを発表し、希望者に「プレビュー版」を提供してきた。

チャットアプリの「Teams(チームズ)」などクラウドサービスとの連携を強めたほか、パソコンでゲームを遊ぶための性能を高めたのが特徴だ。発表時の目玉の一つだった「アンドロイド」向けアプリの配信に関しては順次、対応を進めるという。

一方、マイクロソフトは現行OS「ウィンドウズ10」のサポートを2025年10月まで続ける方針も示している。企業では現行OSを使い続ける動きも多いとみられ、本格的な移行には数年かかる見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン