/

米、石油備蓄1日100万バレルを追加放出へ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は3月31日、今後6カ月間にわたって戦略石油備蓄を1日当たり平均100万バレル追加で放出すると発表した。計1億8000万バレルに相当する。他国も協調し、3000万~5000万バレルを放出する可能性がある。ロシアによるウクライナ侵攻で高止まりしているガソリン価格の抑制を狙う。

バイデン氏はホワイトハウスで演説し「他国が数千万バレルを追加放出すると約束した」と明らかにした。米国以外の放出規模が「3000万~5000万バレルになるだろう」と述べた。国際エネルギー機関(IEA)は4月1日、石油の協調放出を協議する。

米国の放出は「史上最大の石油備蓄放出になる」(政府高官)という。国内需要の9日分に相当する。ガソリン高をどれほど抑える効果があるかは不透明だ。

米国による戦略石油備蓄の放出表明を受け、3月31日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は反落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の5月物は前日比7.54ドル(7.0%)安の1バレル100.28ドルで取引を終えた。

バイデン氏は米国の石油会社に増産も求めた。巨額の利益を計上しているにもかかわらず、需要にあわせて供給を増やしていないと批判する。連邦政府が貸し出した土地が生産に使われていない場合、費用を払わせる法律をつくるよう議会に求めた。

バイデン氏は「最終的には化石燃料への依存を減らす必要がある」と強調し、再生可能エネルギーの促進策も発表した。電気自動車(EV)や発電所の大容量蓄電池に使うリチウムやニッケルなどの重要物資の国内生産を支援する。大統領権限で指定部材の生産を促せる「国防生産法」を活用する。

今回の放出は最近の措置の規模を大幅に上回る。米国は2021年11月、5000万バレルの放出を表明し、日本や韓国などと協調した。22年3月1日には、ロシアのウクライナ侵攻を受けてIEAで足並みをそろえ、米国は3000万バレルの放出を担った。

バイデン政権は8日、ウクライナへの侵攻を続けるロシアへの追加経済制裁として、ロシア産原油の輸入を禁じた。ガソリン高の一因となるため、追加の価格抑制策に取り組む姿勢を示していた。

米国ではガソリン高などによる高インフレに国民の不満が高まっている。11月の中間選挙を控えて、バイデン大統領はガソリン価格の動向に神経をとがらせている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン