/

米国務省、駐ミャンマー外交官に出国命令

米国務省は一般的な米国人に対し、ミャンマーへの渡航中止勧告を出している=AP

【ワシントン=中村亮】米国務省は30日、ミャンマー駐在の米政府職員とその家族に対し、出国命令を出したと明らかにした。2月中旬以降は自主的な出国を認めていたが、デモ参加者に対する国軍の弾圧が強まり治安が悪化したことを踏まえ、警戒レベルを引き上げた。

緊急要員は出国命令の対象外になっているとみられる。国務省は米国人のミャンマーへの渡航警戒レベルについて、4段階で最も高い「渡航すべきではない」としている。新型コロナウイルスへの感染リスクも渡航中止勧告の理由になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン