/

この記事は会員限定です

21年の米IPO、初の1000社超 SPACで上場減少に転機

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米国の新規株式公開(IPO)市場が活況だ。2021年の新規上場社数は前年比2倍となり、初めて1000社を超えた。株高傾向に加えて、特別買収目的会社(SPAC)の存在が大きい。上場企業数の減少傾向に歯止めがかかる可能性が出てきた。22年も企業価値10億ドル(約1140億円)を超える有力ユニコーンが上場を控えている。

米調査会社ディールロジックによると、米国市場における21...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン