/

オマーン沖でタンカー攻撃、2人死亡 日本企業が船主

(更新)

【カイロ=共同】中東オマーン沖のオマーン湾で29日、イスラエル系企業が運航する石油タンカーが何者かの攻撃を受け、英国人とルーマニア人の乗組員2人が死亡した。ロイター通信などが伝えた。運航側によると船主は日本の企業で、海賊被害を受けた可能性があるという。被害状況など詳細は不明。在ドバイ日本総領事館は共同通信に「現地の港湾当局に確認したところ、日本人の被害はない」と明らかにした。

運航側によると、タンカーは米軍の護衛を受けて安全な場所に航行中。イスラエルメディアによると、匿名の同国政府高官は、ドローンが使われたテロ攻撃だとしてイランを非難した。

現場はオマーン東部マシラ島から北東の海域。運航側の声明によると、船はタンザニアのダルエスサラームからアラブ首長国連邦(UAE)東部フジャイラに向かっており、積み荷はなかった。

オマーン湾はホルムズ海峡の外側にあり、イランに面している。今年2月には、イランと敵対するイスラエルの企業が所有する貨物船で爆発があった。2019年6月には日本の海運会社のタンカーを含む2隻が何者かに攻撃された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン