/

この記事は会員限定です

米最高裁が新会期、中絶や銃規制審理へ 国民の支持低迷

[有料会員限定]

【ワシントン=芦塚智子】米連邦最高裁は4日に始まった新会期で、人工妊娠中絶や銃規制といった米世論を二分する重要案件を審理する。世論調査では最高裁の判断や党派色を巡る不満などから支持率が落ち込んでおり、判事らは国民の信頼回復に懸命だ。党派間の分断が深い米国では、どんな判決も反発を招きかねず、判事増員などの改革論が高まる可能性もある。

「最高裁判事は党派主義の政治屋の一団ではない」。保守派のバレット判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン