/

米、インドからの入国禁止へ 感染深刻化で4日から

(更新)
バイデン米大統領はインドからの入国禁止を発表した=ロイター

【ニューヨーク=吉田圭織】バイデン米大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なインドからの入国制限を5月4日から強化すると発表した。米国人以外で、直近14日以内にインドに滞在した人の入国を原則禁止する。

米ホワイトハウスはインドで感染が急拡大しており、感染力が強い変異ウイルスも猛威をふるっていることを理由に挙げた。米疾病対策センター(CDC)の勧告に基づく措置だとした。

米政府は同様の入国制限を英国、アイルランドに加え、欧州26カ国、ブラジル、中国、南アフリカなどに対して実施している。ただし、米国永住権(グリーンカード)を持つ人や米国人の家族などは除外されている。

インドの感染状況は深刻化している。米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、30日時点の累計感染者数は1870万人以上になった。新規感染は急拡大しており、1日あたりで38万人を超えている。新規死者数は28日に過去最高の3645人に上った。

米国政府はこのほど、インド政府のコロナ対応の支援を発表し、1億ドル(約110億円)分の医療物資を供給すると明らかにした。30日には、酸素ボンベやマスク、治療薬などを載せた米政府の航空機がニューデリーの空港に到着した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン