FRB議長、利上げ減速「12月にも」 到達点は引き上げ示唆 - 日本経済新聞
/

FRB議長、利上げ減速「12月にも」 到達点は引き上げ示唆

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=高見浩輔】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は30日、米ワシントンのブルッキングス研究所で講演した。利上げを減速する時期について「早ければ12月の会合になる」と表明。高インフレがピークを越えたかどうかの判断には慎重な考えを改めて示したが、今後も高い物価上昇が続いた場合は利上げの回数を増やして対応する考えを改めて強調した。

FRBは11月1~2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で4会合連続となる0.75%の利上げを決定。12月13~14日に予定されている次回会合で利上げ幅を0.5%に圧縮するかどうかが焦点となっている。

パウエル氏は金融政策の効果が実体経済や物価に時間差で影響を及ぼすとして「これまでの急速な金融引き締めの効果が完全に表れるのはこれからだ」と指摘。「政策金利がインフレを引き下げるのに十分な引き締め水準に近づくにつれ、利上げペースを緩やかにすることは理にかなっている」と説明した。

11月会合では大多数の参加者が「近いうちに利上げペースを減速することが適切になる可能性が高い」と主張していたことが明らかになっているが、パウエル氏は12月会合での実施をやや強く示唆した。

パウエル氏は「インフレ率が実際に低下していることを確信するには、さらに多くの証拠が必要だ」と強調した。「過去1年間、政策の引き締めと成長の鈍化にもかかわらず、インフレ率の鈍化に明確な進展はみられない」とも述べた。

FOMC参加者は9月の時点で23年末の政策金利見通し(中央値)を4.6%としているが、パウエル議長は最終的な利上げの到達点について「いくらか高くする必要がありそうだ」と話した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません