/

この記事は会員限定です

インフレ抑制へ FRB議長「タカ派」傾斜(NY特急便)

米州総局 斉藤雄太

[有料会員限定]

波乱に満ちた11月の米株式市場は最後まで大荒れの展開になった。30日はダウ工業株30種平均が前日比652ドル(1.9%)安で引け、月間の下げ幅は1300ドルを超えた。10月に2000ドル近く上げた反動も出やすいなかで、米連邦準備理事会(FRB)の急速な方針転換と新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」出現という新たな脅威が重なり、月末にかけて一気に相場が崩れた。

FRBが新型コロナウイルス対応の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン