/

この記事は会員限定です

コロンビア中銀総裁、6月利上げ示唆「政策の方向不変」

[有料会員限定]

【ボゴタ=宮本英威】南米コロンビアの中央銀行のレオナルド・ビジャル総裁は、金融政策を決める6月末予定の次回会合で7会合連続となる利上げに踏み切る考えを示した。中銀目標を大幅に上回るインフレ率を抑えるため。米国の利上げ加速に伴うコロンビア通貨ペソ売りを回避する狙いもある。大統領選で左派候補が当選する可能性が浮上しているが「金融政策の方向は変わらない」と主張した。

首都ボゴタの中銀本部で5月下旬、日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン