/

アルゼンチン、中絶合法化 ローマ教皇は反発

人工中絶の合法化を喜ぶ市民(30日、ブエノスアイレス)=ロイター

アルゼンチンで30日、妊娠14週までの人工中絶を合法とする法案が上院を通過し、可決した。女性の権利を求める市民の要求に応えたものだが、保守的なカトリック教徒からの反発は根強い。同国出身のローマ教皇フランシスコも同法を批判しており、政界の新たな火種となりそうだ。

カトリック教徒が多い中南米ではほとんどの国で人工中絶を原則として禁じており、違法な手術で命を落とす女性も多かった。アルゼンチンでは近年、国を二分する議論が行われており、2019年12月に左派のフェルナンデス政権が発足したことで推進派が勢いを増していた。フェルナンデス氏は30日、ツイッターに「今日、我々は女性の権利を拡大し、公衆衛生を保証するより良い社会にいる」と投稿した。

保守派は強く反発している。教皇は「すべての見捨てられた子は神の子だ」とツイッターに投稿し、反対の意を表明した。議会の周辺では反対派と賛成派がそれぞれデモを開催した。新型コロナウイルスの感染拡大と経済の低迷でフェルナンデス氏の支持率は低迷しており、政治的な緊張感が高まる可能性もある。(外山尚之)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン