/

この記事は会員限定です

ボーイング、次世代小型機の開発へ 検討チーム設立

[有料会員限定]

【ヒューストン=花房良祐】米ボーイングは次世代の小型機の開発を検討する。シニア・バイス・プレジデントのイサン・ムニール氏は日本経済新聞の電話取材に応じ、「やるなら小型機737MAXと中型機787の間の大きさの飛行機になる」と話し、市場調査を進める考えを明らかにした。

737MAXは100席台半ばから約200席で、通路が1つの小型機。787は200席台で、通路が2つある中型機だ。一方、ライバルのエア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン