/

世界のスマホ出荷台数、1~3月は8.9%減 米IDC調べ

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【シリコンバレー=白石武志】米調査会社IDCは2022年1~3月の世界のスマートフォン出荷台数が前年同期比8.9%減の3億1410万台だったと発表した。消費者の購買意欲が後退し、3四半期連続で減少した。上位メーカーのシェアの順位に変動はなかったが、2位の米アップルだけが出荷台数を伸ばした。

地域別では世界の出荷台数の約半分を占めるアジア・太平洋地域が12.3%減少した。インフレの進展や新型コロナウイルスの感染拡大による景気後退への懸念から、特に中国の消費者心理の悪化が目立ったという。

アップルをはじめとする有力メーカーがウクライナ侵攻後にロシアでの製品販売を停止したことで、両国を含む中東欧地域の出荷台数は20%近く減少した。同地域の出荷台数は世界全体の6~7%を占める。

メーカー別の出荷台数はアップルが2.2%増の5650万台となり、前年同期からシェアを2ポイント高めて18%とした。首位の韓国・サムスン電子は1.2%減の7360万台で、シェアは1.8ポイント高まり23.4%となった。3位の小米(シャオミ)などの中国メーカーは軒並みシェアを落とした。

世界的な半導体不足や物流網の混乱が続くなか、ブランド力で勝る上位メーカーが購買面で競争上の優位を発揮している。IDC幹部のライアン・レイス氏は「サムスンとアップルは競合他社よりも少しうまくサプライチェーン(供給網)の難局を切り抜けた」と分析している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン