/

米高官、ロシア軍の東部侵攻「予定より遅れ」

【ワシントン=坂口幸裕】米国防総省高官は29日、ロシア軍が戦力を集中させるウクライナ東部ドンバス地方の戦闘について「ウクライナの強固な抵抗に直面し、予定より遅れている」と述べた。首都キーウ(キエフ)の制圧に失敗した教訓を踏まえ、慎重に作戦を進めているとの認識も示した。

米政府はロシアが東部地域で北、東、南の3方向から支配地域の拡大をめざし、南東部の要衝であるマリウポリの部隊を北と北西に向かわせているとみる。同高官は記者団に対し、東部地域に「南から接近しようとしている」と説明。一方「進軍はゆっくりで決定的なものではない」と強調した。

ロシア軍の行動は前線にいる部隊への物資の補給体制を維持する狙いがあると分析しており「大規模で長期的な攻勢に向けた環境整備を続けている」(同高官)もようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン