/

米、北朝鮮の核実験再開を警戒 「数カ月以内」と民間分析

【ワシントン=共同】米国務省のポーター副報道官は29日の記者会見で「北朝鮮が数カ月以内に核実験をするための準備をしている可能性があるとする報告書が出ていることを把握している」と述べた。米シンクタンクが28日に衛星写真に基づき北朝鮮の核実験場で活動が続いているとの分析を発表しており、米側は核実験再開の可能性があるとみて警戒している。

ポーター氏は北朝鮮が核実験再開に向けた準備をすれば「危険なだけでなく、地域を不安定化させ、明白な国際法違反になる」と批判。北朝鮮に自制を求め「真剣かつ持続可能な対話」に応じるよう改めて呼びかけた。

米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)は28日、25日に撮影された商業衛星写真に基づき、北朝鮮北東部豊渓里の核実験場の南側坑道で掘削が続いていると明らかにした。

CSISは核実験場で作業員がバレーボールをしていたとの分析も公表。北朝鮮は2017年9月に最後の核実験を豊渓里で実施し、その数カ月前にもバレーボールをする様子が捕捉されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン