/

米カード大手ビザ、仮想通貨決済に参入

(更新)
ビザは仮想通貨を使った決済の仕組みを整えてきた=AP

【ニューヨーク=大島有美子】米カード決済大手のビザは29日、暗号資産(仮想通貨)を使った決済を始めると発表した。法定通貨を裏付け資産とするステーブルコイン「USDコイン」でまず始める。世界最大手のカードブランドが仮想通貨の決済に参入することで、仮想通貨の利用がより身近になりそうだ。

ブロックチェーンの有力プラットフォーム「イーサリアム」を使う。まず仮想通貨関連のサービスを提供する「クリプト・ドットコム」と組んで試行的に実施する。

クリプト・ドットコムが提供するビザブランドの前払い式(プリペイド)カードを使った決済の一部をUSDコインで代替できるようにする。USDコインは米ドルに裏付けられている。今後協業先を広げる予定だ。

ビザは仮想通貨のカストディー(資産管理)業務を手掛ける米フィンテック企業、アンカレジと組み、ビザの顧客が仮想通貨を利用しやすくする仕組みを検討してきた。今回の決済もアンカレジとの協力で実現した。

ビザの競合の米マスターカードもステーブルコインによる決済を受け入れる方針を示している。バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは暗号資産の管理サービスを2021年後半に立ち上げると発表。仮想通貨を決済や資産運用に活用するインフラが広がりつつある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン