/

英コロナ変異種、米でも初の感染者 コロラド州で

英国で発見された新型コロナの変異種が米国でも見つかった=ロイター

【ニューヨーク=宮本岳則】米西部コロラド州の保健当局は29日、州内の住民が新型コロナウイルスの変異種に感染したと発表した。英国で最初に発見された感染力の高いタイプで、米国で感染者が出たのは今回が初めて。米国では感染拡大と死者の増加に歯止めがかかっていないだけに、警戒が強まっている。

保健当局の公表によると感染者は20歳代の男性で、海外渡航歴はない。隔離状態に置かれているものの、症状は回復に向かっている。濃厚接触者は確認されていないが、聞き取りや追跡調査を続けているという。コロラド州のポリス知事は声明で「ウイルスの感染拡大を防ぐために全力を尽くしている」と述べた上で、住民にマスク着用の徹底を求めた。

英国発で世界に広がった変異種は従来の新型コロナウイルスに比べて70%ほど感染しやすいとされる。重症化や死亡につながる証拠はまだ出ていない。英国のほか、ドイツやスペイン、日本、カナダなどで感染者が確認されている。英国からの渡航制限を導入した国・地域も50を超えている。変異種の感染が広がれば、経済活動の停滞は避けられない。変異種は南アフリカでも発見されている。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン