/

ベネズエラ、ロシアとワクチン供給で契約

ベネズエラ政府はロシア政府とワクチンの供給契約を結んだ(26日、カラカス)=AP

【ニューヨーク=宮本英威】南米ベネズエラ政府は29日、新型コロナウイルスに対するロシア製のワクチン「スプートニクV」について、ロシア政府と供給契約を結んだと発表した。第1段階として、1000万回分のワクチンを受け取る。

ロドリゲス副大統領は「安全なワクチンだ。(ロシアとは)高いレベルの戦略的な関係にある」と述べた。

産油国のベネズエラは、マドゥロ政権の失政で経済や医療は厳しい状態が続いている。人口は約2800万人で、累計感染者数は28日時点で11万2636人、死者数は1018人に達している。

南米アルゼンチンでは29日、ロシア製ワクチンの接種が始まった。23日に緊急使用を承認したアルゼンチンには30万回分が到着しており、医療関係者がまずは接種を受ける。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン