/

この記事は会員限定です

ALS経口薬「レリブリオ」、米FDAが承認 バイオVB開発

[有料会員限定]

【ニューヨーク=吉田圭織】米食品医薬品局(FDA)は29日、徐々に筋肉を動かすことができなくなる難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬として経口薬「レリブリオ」を承認した。米バイオベンチャー、アミリックス・ファーマシューティカルズが開発した。病気の進行を遅らせ、寿命を約10カ月延ばせるという。

FDAによると、米国内で年間約5000人がALSと診断され、2万人ほどの患者がいる。多くの場合、患...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン