/

米軍、アフガン撤収開始 9月までに完了へ

バイデン米大統領は4月中旬の演説で、アフガニスタン戦争について「米史上最長の戦争を終える時だ」と強調した=ロイター

【ワシントン=中村亮】ジャンピエール米大統領副報道官は29日、アフガニスタン駐留米軍が撤収を始めたと明らかにした。9月11日までに完了する。約20年におよぶアフガン戦争の終結に向けて最終段階に入った。

ジャンピエール氏が南部ジョージア州に向かう大統領専用機内で記者団に語った。同氏はアフガンの反政府武装勢力タリバンを念頭に「敵対勢力が撤収中の部隊を攻撃すれば、我々は可能な手段を総動員して自己防衛して友好国(の部隊)を守る」と説明した。アフガンには約2500人の米兵に加え、欧州各国の部隊も駐留してきた。

一般的に部隊が撤収作業を始めると、敵からの攻撃に対応しにくくなる。米軍は中東地域へ戦略爆撃機B52を4機派遣したり、中東に展開していた空母ドワイト・アイゼンハワーの派遣期間を延長したりしてアフガン駐留部隊が攻撃を受けた場合に反撃できる態勢をとっている。

バイデン大統領は4月中旬の演説で「米史上最長の戦争を終える時だ」と語り、9月11日までに米軍をアフガンから完全撤収させると表明した。米軍撤収でアフガンの治安が一段と悪化し、混乱に乗じるテロ組織が勢力を伸ばすリスクもある。

アフガン戦争は2001年9月の米同時テロをきっかけに始まった。米軍はテロの首謀者であった国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン容疑者を11年に殺害した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン