/

円、一時112円台に下落 米金利上昇で1年7カ月ぶり安値

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ニューヨーク=大島有美子】ニューヨーク外国為替市場で29日、円相場が一時1ドル=112円04銭近辺と、2020年2月下旬以来、1年7カ月ぶりの安値をつけた。米連邦準備理事会(FRB)が22年にも利上げに動くとの観測が広がり、米長期金利が上昇したことで、ドル買いが加速している。

円売りが進んだ要因は、主に米長期金利上昇に伴う日米の金利差の拡大だ。米10年物国債の利回りは前日から横ばいの1.55%付近で推移している。米オアンダのエドワード・モヤ氏は「29日は一息ついたが、今後1.60%程度に上昇する可能性がある」と述べ、利回りの上昇が今後も続くとみる。

29日投開票の自民党総裁選では岸田文雄氏が選出された。市場では菅政権と比べ、現状の財政出動に大きな変化はないと捉えられていることから、「円相場は政治情勢の進展よりは、米国債の動きに紐付いている」(英HSBCで米国の為替市場を統括するストラテジスト、ダラフ・マハー氏)。

米CIBCキャピタル・マーケッツのストラテジストらは29日に配信したリポートで、円相場は22年4~6月期にかけて1ドル=115円まで円安・ドル高が進むと予測した。対ユーロでもドル高・ユーロ安が進んでいる。29日は1ユーロ=1.15ドル台をつけた。20年7月以来のユーロ安水準となった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン