/

英大物歌手ら「EUとの離脱交渉は失敗」 ツアー開催打撃

(更新)
エルトン・ジョンさんなど大物歌手らは連名で、EUとの離脱交渉は失敗だとする書簡を公開した。=ロイター

【ロンドン=共同】英国が欧州連合(EU)から完全離脱して31日で1カ月となる中、新型コロナウイルスの流行で苦境下にある英音楽業界が、ジョンソン政権への批判を強めている。離脱によりEUでの公演ツアー開催に手続きやコストが加わり打撃となるためだ。エルトン・ジョンさんなど大物歌手らは連名で、EUとの離脱交渉は失敗だとする書簡を公開した。

書簡は英紙に掲載され、スティングさんやエド・シーランさん、バンド「クイーン」のブライアン・メイさんの他、指揮者のサイモン・ラトルさんら100人超が賛同者に名を連ねた。

英国は昨年末、国境を自由に往来できるEU単一市場から抜け、EUでツアーを行うには一部で就労許可が必要となり、膨大な書類手続きやコストが発生。大型機材の搬送にも制限が加わった。

英国では新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)でライブ公演は原則行えず、音楽業界は苦境にあえいでいる。書簡は「(離脱による)追加コストの影響で多くのツアーは開催が不可能になる」とさらなる打撃を危惧。英政府に対し、EUとの間で自由往来を認める取り決めを例外的に結ぶよう要請した。

英下院には、EUとの交渉を政府に求める署名が28日までに28万以上集まり、2月に議会で審議されることになった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン