/

米NY市と首都、不法移民急増に苦慮 南部の州が移送

(更新)

【ニューヨーク=山内菜穂子】米ニューヨーク市と首都ワシントンが不法移民の急増に苦慮している。メキシコと国境を接するテキサス州など南部の州がバスで移民を送っているためで、連邦政府に支援を求めた。不法移民問題に長年直面する南部の保守州は移民の受け入れに前向きなリベラル都市からの批判に反発している。

米メディアによると、ニューヨーク市の長距離バスターミナル「ポートオーソリティー」に5日未明、約50人の移民を乗せたバスが到着した。テキサス州のアボット知事は同日、ワシントンに加えてニューヨーク市にも移民を送り始めたと発表した。

これまでに同市では、ワシントンを経由して来たとみられる移民約4000人が保護された。毎日、約100人を新たに受け入れている。アダムズ市長は1日、移民の急増を受けて緊急宣言を発出した。市の予算を柔軟に活用し、満杯になっている保護施設を増やす考えだ。

「彼らを追い出した心ない州のために避難場所を探す人であふれている」。アダムズ氏はこのまま増え続けると学校や医療機関にも影響が出ると危機感を強める。連邦政府にも財政支援を求めた。

ワシントンでもこれまでに4000人を超える移民が200台近いバスに乗って到着した。米メディアによると、首都の玄関口であるユニオン駅にはほぼ毎日、南部からのバスが到着しているという。

バウザー市長は7月末、国防総省に「人道的危機」に対処するように要請した。州兵の派遣や軍施設での移民の受け入れを求めている。同氏は「移民はだまされてバスに乗った」と強調している。

移民の移送を批判するリベラル都市に、南部の保守州は反発を強めている。

「アダムズ氏とバウザー氏はテキサスに来て国境を直接見るべきだ」。アボット氏は2日のFOXニュース番組で、「テキサスが対処する限り問題はないと考えるのは北東部のリベラルな指導者たちの偽善だ」と反発した。

同州は寛容な移民政策を目指すバイデン政権に対抗するため、4月ごろから移民をワシントンへ移送し始めた。アボット氏によると、5100人を超える移民を送ったという。西部アリゾナ州もバスを用意する。移民はワシントンを経由し、ニューヨーク市など東部の都市に移動しているとみられている。

アリゾナ州のデューシー知事は7月28日、ツイッターに「ワシントンは4000人だが、アリゾナ国境には6月だけで4万3570人も移民が来た」と投稿。「バウザー氏の仲間のホワイトハウスと連邦議会は行動を拒否している」と痛烈に批判した。

米税関・国境取締局(CBP)によると、米メキシコ国境で拘束された不法移民の数は6月、20万7416人。5月よりも14%減少したものの、21年6月と比べて1割増えた。命懸けの越境による不法移民の死亡事例も後を絶たない。

共和党は不法移民の増加についてバイデン政権の責任を追及する。不法移民の即時送還措置を廃止すると表明したバイデン氏による「危機」と強調している。

「我々はバスを送り続ける」。アボット氏はバイデン政権が移民政策を変更しない限り移送すると宣言する。一方のアダムズ氏は「ニューヨークは移民の街であり、常に新たな移民を歓迎する」と受け入れを続ける考え。11月の連邦議会中間選挙を控え、移民問題をめぐる駆け引きは当面続く見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン