/

この記事は会員限定です

米、最高裁判決で緊急避妊薬の需要増 購入制限も

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=山内菜穂子】米国で緊急避妊薬の需要が急増している。連邦最高裁が人工妊娠中絶の権利を認めた判決を覆し、保守州で中絶を制限・禁止する動きが加速しているためだ。避妊の権利に対しても規制が及びかねないとの懸念も高まる。アマゾン・ドット・コムや小売店などでは購入できる個数の制限を始めた。

最高裁は24日、胎児が母体外で成育可能になるまでの中絶を憲法上の権利として認めた1973年の判決を覆し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン