/

この記事は会員限定です

米IT人員削減4万人超 22年、ソフトバンクG出資先など

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米国でIT(情報技術)関連企業による人員削減が広がっている。新興勢を中心とする2022年のレイオフ(一時解雇)は2カ月あまりで倍増し、4万人を超えた。ソフトバンクグループ(SBG)傘下のファンドなどが出資する未公開企業による実施が中心だったが、大手や他業種に広がるとの観測も浮上してきた。

「当社の規模は現在の事業環境に対して大きすぎるため、残念ながら調整が避けられない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン