/

米ロ首脳が30日に電話協議へ ウクライナ情勢めぐり

ロシアが要請 異例の月内2度目

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスは29日、バイデン大統領が30日にロシアのプーチン大統領と電話で協議すると発表した。ロシア側からの要請に基づく対話で、緊迫するウクライナ情勢をめぐり首脳間で事態の打開を探る。

バイデン氏とプーチン氏は今月7日にオンライン形式で2時間ほど話し合ったばかりで、月内に2回、首脳協議をするのは異例だ。2022年1月10日には米ロ高官がスイス・ジュネーブで会談する予定で、緊張緩和の糸口を見いだせるかが焦点になる。

米国はロシアが隣国ウクライナとの国境付近に軍を集結していることから、14年に続き再び侵攻しかねないと警戒を強めている。ロシアは17日に北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大停止や東欧からの事実上の軍撤収などを求める案を提示したが、米国は受け入れに否定的な考えを示している。

米政府高官は29日、30日の電話協議はロシア政府の要請を踏まえたもので「安全保障や戦略上の様々な問題について議論する」と説明した。「両首脳は直接対話に真の価値があると信じているだろう。ロシアの軍備増強でここ数週間は危機的な状況にある」と語った。

バイデン氏はプーチン氏に改めて外交的な進展をめざすべきだとの考えを示すとともに、ウクライナに侵攻すれば経済制裁を含めた対抗策を準備していると伝える見通しだ。これまでも米政府は再侵攻すれば経済・金融面でロシアに打撃を与える「強力な措置で対抗する」(バイデン氏)構えを示してきた。

米政府は欧州と足並みをそろえ「14年に実施した経済制裁を上回る」(同高官)厳しいメニューを検討している。ドイツとロシアを結ぶ新たなガスパイプライン「ノルドストリーム2」の稼働阻止や、世界の銀行の送金システムを運営する国際銀行間通信協会(SWIFT)からロシアを排除する案などが浮上しているもようだ。

軍事面でもウクライナへの武器供与を加速させるほか、米国とNATOが中東欧などに軍を増派すると警告する。同高官は29日「ロシアによる侵攻があれば欧州の安全保障状況が不安定になり、特に東欧でNATOの戦力と能力の調整が必要になる」と指摘。「ウクライナの領土を守り、さらなる支援を提供する用意がある」と強調した。

米政府は30日の米ロ首脳協議を前に同盟国などとお互いの立場をすり合わせた。国務省によると、ブリンケン国務長官が29日に英国、フランス、ドイツの外相と対ロシア政策について意見を交わした。ロシアの軍事行動を抑止するため連携が重要だとの認識で一致した。

ブリンケン氏はウクライナのゼレンスキー大統領とも協議。ウクライナの主権と領土保全への米国の支持を改めて確認した。平和的解決に向けた努力を続ける方針も伝えた。

米国は最近のロシアの動きが14年にウクライナ領クリミア半島の併合を宣言する前の状況に似ていると分析する。米紙ワシントン・ポストは今月初め、ロシアが22年初めにもウクライナ侵攻に踏み切ることを計画していると報じた。独自に入手した衛星写真も掲載し、ロシア軍がウクライナ国境地帯に集結していると伝えた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン