/

この記事は会員限定です

Appleとテスラが示した老舗の伸びしろ(NY特急便)

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、90ドル高の3万6488ドルと11月につけた過去最高値を更新した。年末の薄商いで主要銘柄の値動きは限られたが、小売株や消費財関連の伸びが平均株価を押し上げた。

アップルの29日の株価は横ばいで、史上初となる時価総額3兆ドル(約344兆円)超えは持ち越しとなった。同社株は年初来で39%上昇し、29日終値ベースの時価総額は2兆9400億ドルと3兆ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン