/

この記事は会員限定です

バイデン氏、日豪印大使に盟友 対中政策の調整迅速に

対立最前線・中韓は外交官、インド太平洋に戦略配置

(更新) [有料会員限定]

バイデン米大統領は日本、オーストラリア、インドの米国大使に自らに近い人物を相次ぎ起用した。インド太平洋地域で中国抑止へ協力する国と緊密に連携できる陣容をそろえた。対立する中国の大使や、北朝鮮と向き合う最前線になる韓国の大使には職業外交官を据える。

新たに駐日米大使に着任したラーム・エマニュエル氏はクリントン政権の政策顧問や下院議員を経て、バイデン氏が副大統領を8年務めたオバマ政権で大統領首席補佐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン