/

この記事は会員限定です

Amazon幹部、家庭用ロボ「開発に4年、普及を確信」

[有料会員限定]

米アマゾン・ドット・コムでハードウエアを担当するデイブ・リンプ上級副社長は28日、日本経済新聞などの取材に応じた。同日に発表した家庭用ロボット「アストロ」について、「普及を確信しており、開発にほぼ4年を費やした」と述べた。主なやりとりは以下の通り。

――アマゾンは電子書籍端末などで成功する一方、スマートフォンでは失敗しました。

「確かにスマホのようなうまくいかなかったものもあるが、多くは消費者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン