/

この記事は会員限定です

米、ワクチン余剰に 3月末までに18万回分を廃棄

[有料会員限定]

【ニューヨーク=野村優子】米国で新型コロナウイルスワクチンの余剰が目立ち始めた。一部の州では供給量の3割超が未使用のままになっているほか、期限切れなどを理由に廃棄されるケースも出始めている。必要量を超えるワクチンを確保するなか、接種のペースが落ちていることが影響している。

「1000回分のファイザー製ワクチンが、きょう使われないと期限切れになる。ワクチンを接種しよう」。4月29日、米ペンシルベニア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン