/

この記事は会員限定です

米、気候変動対策に10年で60兆円 目標達成へ課題残す

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領が28日決めた歳出・歳入法案の枠組みでは、気候変動対策として今後10年で5550億ドル(約63兆円)を投じる。温暖化ガスの排出削減を話し合う国際会議を目前に控え、バイデン氏は今回の内容に自信を示したが、電力部門の脱炭素政策が外れるなど課題は残る。

枠組みには税額控除で太陽光など再生可能エネルギーへの投資を促す制度を盛った。電気自動車(EV)も税額控除で普及を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン