/

バイデン氏「米国製品を買う」 保護主義の継承鮮明

バイデン氏は28日の施政方針演説で「バイ・アメリカン」を強調した=AP

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は28日の施政方針演説で「米国人の雇用を生み、米国でつくられた米国製品を買うのに米国人の税金を使う」と述べ、保護主義的な姿勢を鮮明にした。中国の通商問題に対処するとしつつも、具体的な政策に踏み込まなかった。

バイデン氏は「『米国雇用計画』の投資は1つの原則が指針となる。バイ・アメリカンだ」と力を込めた。トランプ前大統領が施政方針演説で「米国製品を買い、米国人を雇う原則が指針となる」と語ったのとほぼ同じだ。内向きの姿勢は変わらない。

バイデン氏はインフラ投資で外国製品を使う例外を限定すると強調した。米国は公正な調達ルールを定めた世界貿易機関(WTO)の政府調達協定に加わるが「どんな貿易協定にも違反しない」と正当性を主張した。

通商政策では対中国を取り上げた。国有企業への補助金や、技術や知的財産権の窃取を挙げて「米国は不公正な貿易慣行に立ち向かう」と語気を強めた。中国に構造問題の是正を迫る方法は明示しなかった。

トランプ氏は演説で、関税を使って圧力をかけると表明した。バイデン政権はこれから具体策を問われることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン