/

この記事は会員限定です

米中覇権争い、技術からマネーへ 米議会向け報告が波紋

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米議会が対中強硬姿勢を強めている。超党派の米中経済安全保障再考委員会(USCC)が11月中旬にまとめた提言集には、金融分野の規制強化案が並ぶ。米中の覇権争いは貿易・テクノロジー分野から、資本市場に広がってきた。中国共産党と良好な関係を築いてきた米金融界にも戦略見直しを迫る。経済の分断が進めば、米中関係が一段と不安定になりかねない。

「委員会は中国で事業を展開する米企業に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン