/

米政府高官「平和的抗議を支持」 中国のゼロコロナ巡り

【ワシントン=中村亮】米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は28日の記者会見で、中国で広がった新型コロナウイルス対策への抗議活動を巡り「平和的抗議の権利を支持する」と強調した。ロックダウン(都市封鎖)について「我々が支持する政策ではない」と述べた。

中国の主要都市で26~27日、新型コロナの感染を徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策への抗議活動が相次いだ。カービー氏はバイデン米大統領が抗議活動の状況について説明を受けていると指摘した。「もちろん大統領は抗議活動に気を配っている」と触れた。

カービー氏は14日の米中首脳会談で新型コロナが議題になったと言及したが、中国のゼロコロナ政策について意見を交わしたかどうかは明らかにしなかった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません