/

この記事は会員限定です

米共和党候補「トランプ離れ」で混沌 24年大統領選

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米中間選挙で共和党が大勝を逸した「戦犯」となったトランプ前大統領。いち早く2024年次期大統領選へ出馬を表明したものの、求心力は陰った。共和党はこのまま「トランプ離れ」に向かうのか。党内予備選に候補が乱立すればトランプ氏は有利となるだけに、出直しは難路が続く。

「トランプ氏は間違っている。謝罪すべきだ」。ペンス前副大統領は28日、米ニュースネーションの番組に出演し、白人至上主義者ニック・フエンテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません