/

米アカデミー、ウィル・スミスさんの平手打ちを「非難」

(更新)

【ロサンゼルス=佐藤浩実】米アカデミー賞の授賞式で俳優のウィル・スミスさんがコメディアンのクリス・ロックさんを平手打ちした騒ぎについて、賞を主催する米映画芸術科学アカデミーが28日、スミスさんを非難する声明を出した。正式な調査を始めたという。

アカデミーは「昨夜のショーでのスミスさんの行動を非難する」と声明を出した。「この事件に関して正式に調査を開始した」と明かし、「内規や行動基準、カリフォルニアの州法に基づき、さらなる措置を検討する」とした。

スミスさんは27日の授賞式で、賞の発表者を務めていたロックさんに歩み寄り、顔を平手でたたいた。スミスさんの妻ジェイダ・ピンケット・スミスさんの髪形をからかうような冗談をロックさんが口にしたことがきっかけだ。ジェイダさんは脱毛症を公表しており、髪をそっている。

ロックさんは釈明したが、自席に戻ったスミスさんは放送禁止用語を使って「妻の名前を口にするな」と怒鳴った。その後、スミスさんは映画「ドリームプラン」で主演男優賞を受賞。壇上でのスピーチで「アカデミーに謝罪したい。ノミネートされた全ての仲間たちに謝りたい」と述べていた。

スミスさんは28日、ロックさんに対しても謝罪した。SNS(交流サイト)の「インスタグラム」で「クリス、公式にあなたに謝りたい」と投稿。ジェイダさんの病状に関するジョークは「私には耐えがたく、感情的に反応してしまった」と説明しつつ、暴力に頼った自身の行動は「私がなりたい男性像を示すものではなかった」とつづった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン