/

フェデックス、新CEOにスブラマニアムCOOが昇格へ

【ニューヨーク=白岩ひおな】米宅配大手フェデックスは28日、ラジ・スブラマニアム最高執行責任者(COO)が最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を発表した。6月1日付で就任する。創業者のフレデリック・スミス現CEOは会長職に専念する。スブラマニアム氏は引き続き社長職も兼任する。

スブラマニアム氏は1991年の入社以来、米国やアジアを中心とするマーケティングや企業戦略の策定に携わり、航空貨物を担うフェデックス・エクスプレスのCEO兼社長などを歴任してきた。同氏は「人材、サービス、利益を中核に企業としての変革を続けていく」とする声明を発表した。

フェデックスの2021年12月~22年2月期決算は売上高が市場予想を上回る前年同期比10%増の236億ドル(約2兆8000億円)、純利益は予想を下回る23%増の11億ドルだった。1月に宅配料金を値上げして利益改善を進める一方、輸送・賃金コスト上昇などの課題にも直面している。

消費者の玄関先まで届ける「ラストワンマイル」をめぐり、米小売り大手ウォルマートや米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムなどとの競争も激しさを増している。フェデックスは22年中に米国とカナダの10都市で電動カートによる配達実験に乗り出すなど、スブラマニアム氏が主導して新たな取り組みも加速させる。会長職に集中するスミス氏は「持続可能性やイノベーション、公共政策など世界的に重要な問題に注力したい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン