/

この記事は会員限定です

「停電対応と気候変動対策、燃料電池で両立」

米ブルームエナジー シェアリン・ムーア上級副社長

[有料会員限定]

米国ではハリケーンの大型化や山火事、寒波など気候変動関連の災害が相次ぐ。地域社会や企業は電力インフラの脆弱さに直面している。小規模な電力システムであるマイクログリッドは災害への耐久力があり、信頼性の高い電源を地域社会や企業に提供する「未来の送電網」だ。

現在、米国を中心に100超の燃料電池を使ったマイクログリッドシステムを導入している。悪天候で電力会社の送電網が止まっても、マイクログリッドによって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン