/

バイデン氏、医療保険の加入促進 低所得者など支援

バイデン氏は28日、医療保険に関する大統領令に署名した(ホワイトハウス)=AP

【ワシントン=鳳山太成】バイデン米大統領は28日、医療保険の加入要件を緩和する大統領令に署名した。新型コロナウイルスのまん延で医療保険の重要性が増すなか、低所得者の保険加入を促す。医療保険制度を厳しく運用してきたトランプ前政権から転換する。

大統領令によると、連邦政府が運営する医療保険仲介サービスの申込期間を延ばすほか、低所得者向けの公的医療保険「メディケイド」の加入要件を緩めるよう指示した。

トランプ前政権は公的医療保険の加入要件を厳しくしたため、無保険の人が増えた。バイデン氏はホワイトハウスで「トランプ(前大統領)がもたらした損害を取り消す」と述べた。

医療保険は米国で有権者の関心が高く、与野党の対立が激しいテーマだ。低所得者を中心に無保険の人が高齢者を除いて約3千万人、全体の1割に上る。バイデン政権は医療保険制度改革法(オバマケア)を見直して医療保険の拡充を目指すが、野党・共和党は保険料の高騰を招くとして反対している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン