/

この記事は会員限定です

米国「親の権利」運動、台風の目に 教育現場に党派色

アメリカン・デモクラシー 新たな発火点⑤

[有料会員限定]

米南部フロリダ州インディアンリバー郡。「不適切だ」。1児の母親クリス・アレンさん(33)が昨年末からネット上で訴える告発が波紋をよんだ。

地元高校の生徒たちが使う数学教科書に「党派別の人種偏見割合」と題したグラフを見つけた。「保守派は人種偏見が強いと示唆しており、生徒が保守と自認することを敬遠しかねない」。そう投稿すると、同州のデサンティス知事が反応した。

デサンティス氏は共和党保守派で、トラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アメリカン・デモクラシー

アメリカでは2020年の大統領選挙を不正と信じる国民がなお3分の1に上ります。自由と人権を重んじるアメリカで揺らぐ民主主義(アメリカン・デモクラシー)について考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン