/

4月の米住宅価格、前年同月比18.8%上昇 在庫低迷で

【ニューヨーク=大島有美子】米連邦住宅金融庁(FHFA)が28日発表した4月の全米住宅価格指数(季節調整済み)は、前月比で1.6%、前年同月比で18.8%それぞれ上昇した。上昇率は前月より低下したが、在庫の低迷から過去最高水準の伸びが続いている。

FHFAのエコノミストは「市場に出回る住宅在庫の量が少なく、価格を押し上げている」と分析した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げで住宅ローン金利は上昇が続く。消費者にとって借り入れコストが増しているが「ローン金利の上昇は、大幅な価格上昇を抑えられるほどの需要抑制をもたらしていない」との見方を示した。

住宅市場は全米の主要都市で上昇が続く。米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズがまとめるS&Pコアロジック・ケース・シラー指数によると、主要20都市の住宅価格は3月、前年同月比で21%上昇した。南部フロリダ州では30%を超える都市もある。同社のエコノミストは「(利上げにより)価格上昇の鈍化が起きることは予測できるが、いつになるのか見通すのは難しい」と指摘する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン