/

「うそ拡散」楽曲配信拒む 歌手がスポティファイ批判

【ロサンゼルス=共同】カナダ出身のベテランロック歌手ニール・ヤングさん(76)は27日までに、新型コロナウイルスワクチンを巡るうその情報を拡散しているとして、スウェーデンの音楽配信大手スポティファイを厳しく批判、同社を通じた楽曲配信を望まない意向を明らかにした。同社はヤングさんの求めに応じ、配信を取りやめた。米メディアが伝えた。

同社が配信する人気ポッドキャスト番組でコメディアンのジョー・ローガン氏がワクチン懐疑論者を取り上げるなどしており、ヤングさんはこうした姿勢を問題視。「偽情報を信じた人々を死に至らしめる可能性もある」などと非難していた。

この番組を巡ってはこれまでにも科学者や医療従事者ら270人が「根拠のない陰謀論を振りまいている」と抗議、誤情報の拡散を防ぐようスポティファイに対応を迫る公開書簡を出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン