/

この記事は会員限定です

ペロシ議長の訪台案「歓迎」、保守系ヘリテージ財団会長

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】保守系シンクタンク、米ヘリテージ財団のケビン・ロバーツ会長は28日の日本経済新聞のインタビューで、民主党のペロシ下院議長が台湾訪問を計画していることについて「私はこれまでペロシ氏を称賛したことはない。しかし、今回は拍手を送りたい」と歓迎した。

米下院議長がこの時期に台湾を訪れれば米中間の緊張を無用に高めるうえ、バイデン政権にその緊張の高まりへの備えがないのではないかとの指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン