/

12月の米新築一戸建て販売5カ月ぶり増加 20年は18%増

新築住宅販売の広告(米サウスカロライナ州)=ロイター

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が28日発表した2020年12月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は84万2000戸で、前月の改定値から1.6%増えた。増加幅はわずかだが、5カ月ぶりの増加となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(87万5000戸程度)には届かなかった。

前年同月比では15.2%増えた。販売価格(中央値)は35万5900ドル(約3710万円)で、前年同月比8.0%値上がりした。

20年通年の販売件数(推定値)は81万1000戸で、前年比18.8%増えた。住宅市場は、低金利と新型コロナウイルス感染拡大を受けての移住需要の増加などで好調だった。在庫不足で住宅価格は高騰しているが、建築資材の値上がり、土地や熟練労働者の不足などで、供給は需要増に追いついていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン